我が家のノロウィルス・インフルエンザ予防法!

免疫力UPで風邪予防!簡単に出来る子供の風邪予防・対策とは

子供 風邪予防
アラサーのワーキングママ、お花です。

 

寒くなってきたこの季節は、働くママにとって心配事が増える季節ではないでしょうか?その心配事とはズバリ、子供の体調管理!!休めない仕事の時に、子供が具合が悪くなって登園できなかったら・・・そんなジレンマ、私も経験しています。

 

風邪を引きやすい子、風邪を引かない子、様々な体質の子供がいます。

 

しかし、その体質には免疫力の存在が大きく関わっています。では、親である私自身が子供の体調管理の為に出来る事はないのかと思い、免疫力アップの方法を調べてみました。

 

今日は、子供の免疫力を高めて、インフルエンザや風邪に負けない体作りの方法を紹介します。
<スポンサーリンク>


 

体を守る「免疫力」とは?

『免疫力』とは、身体が病気などに対抗する力のことです。体内にはいつくもの免疫細胞があり、日々発生する数千個のがん細胞を死滅させたり、ウィルスなどの外敵の侵入を防いでくれています。体内の免疫細胞のバランスが乱れると、花粉症やアトピーを発症すると言われています。

 

子供 免疫力
免疫力は、20代〜30代でピークを迎え、徐々に低下します。子供が熱を出しやすかったり、お年寄りのインフルエンザが命にかかわる病気となるのは、病気と闘う免疫力が弱いからなのです。特に幼児〜10代の間は、体の発達が未熟なため、様々な感染症にかかりやすく、アレルギーにも弱い傾向があります。

 

免疫力が低下すると、以下のような症状を発症しやすくなります。
・風邪  ・インフルエンザ  ・アトピー ・花粉症

 

・疲れやすくなる  ・肌荒れ/口内炎 ・がん 

免疫力を低下させる原因

子供 免疫力
近年は、子どもを取り巻く環境が大きく変化し、免疫力が低下しやすい環境になっているそうです。子供の生活習慣における、特に気を付けるべき点をご紹介します。

 

@睡眠不足
睡眠は、疲れた体を回復させる重要なもの。睡眠不足の状態では、免疫細胞の数も低下してしまいます。理想の睡眠時間は、大人で6〜8時間、子供で9〜11時間と言われています。
A偏った食生活
免疫細胞の7割が腸で作られていると言われ、腸内環境を調える事が免疫力を高める重要なポイントです。免疫力を上げる食事については後述で詳しく説明をしますが、逆に免疫力を下げる危険のある食事を紹介します。

 

食品添加物・・・ハムやソーセージに含まれる『ソルビン酸』は、腸内細菌を減らす危険があります。
甘い物・・・甘い物を食べ過ぎ血糖値が上がると、白血球の免疫力が低下してしまいます。
肉類(特に脂肪)・・・お肉などの動物性タンパク質は消化に時間がかかり、腸内で悪玉菌などの毒素が発生したり、肉の脂肪の摂りすぎは、自己免疫疾患などを起こす危険があります。

 

B衛生的すぎる環境
抗菌・殺菌グッズに囲まれた環境は、衛生的な反面、免疫力を低下させます。腸内環境を増やすためにも、『土壌菌』を摂ると良いという意見もあります。とはいえ、無理をして土壌菌を摂る必要はなく、あまり潔癖になりすぎず生活する事が大切という事です。

 

C体温の低下
東洋医学でも、体の冷えは『未病』と言い、様々な不調の原因になると言われています。体温が低くなって血流が悪くなると、血液に乗って体をパトロールしている免疫細胞が本来の力を発揮できなくなってしまうと言われています。

 

体温低下の主な原因は、筋力の低下と体の冷えです。運動不足や冷たい飲み物などの摂りすぎは危険です。

 

D部活動・クラブ活動による過度な運動
適度な運動は免疫力アップに有効なのですが、激しすぎる運動は逆効果。免疫力を低下させる原因となる事が化学的にも証明されています。

スポンサーリンク

 

 

免疫力を上げる方法

子供 免疫力アップ
@質の良い睡眠をとる
睡眠で特に重要なのが、夜10時頃からの睡眠です。それは、免疫細胞であるリンパ球を沢山つくり出してくれる時間帯の為です。また、一日のうち夜は免疫力が低下するため、夜更かしは風邪を引きやすくなる危険も。質の良い睡眠の為には、ブルーライトが脳を覚醒させる作用のある『スマホ』や『ゲーム』は寝る前は避けましょう

 

A体を温める
体温の低下は免疫力を下げる為、日ごろから体を温める事が大切です。
・毎日の入浴は、シャワーではなく湯船にしっかり(10分程)つかる
・氷が入っているような冷たい飲み物はなるべく避け、寒い日には温かい飲み物を

 

B適度な運動
毎日、合計30分以上歩くなどの適度な運動は、筋力の低下を防ぎ免疫力アップに効果的です。特に子供には『縄跳び』が、持久力・集中力を高める効果もありオススメです。

 

Cよく笑う
免疫細胞の7割は腸で作られ、残りの3割は『心』で作られると言われています。 ここでいう『心』というのは『自律神経』の事です。勉強や友人関係・いじめなど学校生活はストレスを貯め込み易い環境でもあります。ふっと力を抜いて、心から笑える場所を作ってあげる事も大切な事なんです。

 

免疫力を上げる食事

免疫力アップ 食事
免疫力を高める効果のある食材の一部を紹介します。
・ニンニク・・・ニンニクに含まれるアリシンには抗酸化作用があります
・生姜・・・体内の血流を促進し体を温める作用が。またジンゲロールがもつ抗菌作用は免疫力を高めます。
・納豆・ヨーグルトなどの発酵食品・・・納豆に含まれるサポニンは免疫細胞の働きを高め、発酵食品は腸内  最近の増加にも◎!

 

免疫力をアップさせる簡単レシピはコチラ
 ⇒30代働くママのキレイとゲンキのレシピ【免疫アップレシピ】

 

これらの食品を毎日の献立で取りいれるのが難しかったり、好き嫌いの多いお子さんには、子ども用のサプリメントを摂取する事も一つの方法です。ただ、子供も安心して飲める成分かどうかはきちんと見極める必要がありますね。オススメ子ども用サプリメントはコチラ
 ⇒ママアスリート山本美憂さんプロデュースの免疫UPサプリメント【メンエキッズ】

 

免疫力アップで子供の風邪・インフルエンザ予防のまとめ

毎日の生活習慣で免疫力を上げるポイントは、いかがでしたか??子供の体調管理には、毎日のちょっとした心がけが重要であるとわかりますね。すこしでも、子供達が元気で過ごせるように、日々の生活習慣を見直してみましょう!!

スポンサーリンク

 

 


関連ページ

夏バテならぬ『秋バテ』!?秋バテの原因・予防・解消法
旦那の仕事(カイロプラクティック)で、食事や生活習慣からの健康管理・腸内環境などについて勉強中です。